広島県協同組合連絡協議会

活動報告

 広島県協同組合連絡協議会(HJC)は2015年3月13日、広島市で本年度2回目となる学習会を開催しました。JAグループ広島や生協連、県漁連、県森連など役職員約70人が参加し、豊かなくらしと魅力ある地域の実現に向けた協同組合の役割などを再認識しました。

広島県農業協同組合中央会 香川会長
広島県農業協同組合中央会
香川会長

 連絡協議会の香川洋之助会長(JA広島中央会会長)は、「広島県協同組合連絡協議会(HJC)は、昭和59年、協同組合運動の強化を目指すことを目的に設立された長い歴史をもつ協議会である。2012年国際協同組合年を契機に、広島県は協同組合組織が連携し素晴らしい取り組みを進めている。県民に協同組合組織の取り組みを知ってもらえるよう、このような活動や取り組みを今後も続けていこう。」と呼び掛けました。

 続いて、平成24年度から進めている「2012国際協同組合年ひろしまアクションプラン」に基づく4つの研究活動(食料・環境・福祉・平和)の報告を行いました。

広島県農業協同組合中央会 仁井本部長
広島県農業協同組合中央会
仁井本部長

 第1研究会は「食料自給に地域で取り組む」をテーマに、JA広島中央会協同活動推進部の仁井本敏浩部長は、大学生や消費者を対象とした農作業体験、水産物の消費拡大イベントなど、農林水産業の理解促進に向けた本年度の取り組みを紹介。今後、地域通貨の取り組みを参考に、農林水産業の振興と理解促進を進める仕組みを検討していくことなどを報告しました。

生協ひろしま 佐々木課長
生協ひろしま
佐々木課長

 第2研究会は「木質バイオマスの可能性研究」をテーマに、生協ひろしま総合企画部の佐々木桂一課長は、木質バイオマス発電による持続可能な社会の実現に向けたフォーラムを本年度開いたことを紹介。再生可能エネルギーの普及拡大に関して、ヨーロッパ諸国に比べ日本が消極的であることを指摘し、バイオマス発電を実用的なものとしていくため、森林資源の確保や高い燃費効率の実現などを引き続き調査していくことなどを報告しました。

生協ひろしま 岡課長
生協ひろしま
岡課長

 第3研究会は「地域福祉、社会課題解決の活動推進を進める」をテーマに、生協ひろしま福祉事業部の岡由香利課長は、本年度は実践に向けた定期的・継続的な情報交換や実践の交流発表会を開催したことを紹介。今後、各団体の交流をすすめ、協同組合らしい地域包括ケアの考えを深めていくことを目指していくなど報告しました。

広島県生活協同組合連合会 福島事務局長
広島県生活協同組合連合会
福島事務局長

 特別研究会は「平和に向けて地域から取り組む~平和の創造とパートナーシップ~」をテーマに、広島県生活協同組合連合会の福島守事務局長は、本年度は被爆70周年の節目に、世界情勢や核兵器に関する情報の共有などを目的とする平和学習会などを開催したことを紹介。今後は、2015年NPT再検討会議に向けて、世界の中の広島での協同組合陣営として存在感を示し、役割を果たすための方法を検討していくことなどを報告しました。

愛媛大学 板橋 衛准教授
愛媛大学
板橋 衛准教授

 続いて、講義では、愛媛大学農学部の板橋衛准教授は「規制改革会議による農協攻撃と地域における協同の取り組み」と題して講義しました。板橋氏は、農協改革の経過や背景などに触れつつ、地域の協同組合組織は、人々のくらしにおける課題を見つけ出し、事業を通じてそれらを守り支える取り組みを実践していると指摘。人とのつながりや様々な連携を通して協同の取り組みを拡大し、理解者を増やしていく必要があることを強調した。「協議会設立30周年を契機に、構成団体の一層の連携を期待したい」と述べました。

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便